スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.02.02 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男-マクドナルド創業者

マクドナルド創業者レイ・クロックの自伝。
彼は、第一次世界大戦前に生まれ、紙コップのセールスマンを数十年間経験した後、ミキサーの販売員となり、そのマルチミキサーの活用で業界関係者から注目を浴びていたマクドナルド兄弟に会いに行くことで彼の人生は大きく変わる。彼は、このマクドナルド兄弟のノウハウをチェーン展開することを考え付き、そして実行した。
その時、彼は既に52歳だった。その後、数々の思考錯誤を繰り返しながら誰もが知っているようにマクドナルドは大きく成長する。そして、マクドナルドのステークホルダー、つまり、紙や食材の供給者、フランチャイズメンバーも大金持ちとなっていく。
そんな彼の成功ストーリーを、自身のスキャンダラスな一面、創業時メンバー(マクドナルド兄弟とさえ!)との確執なども交えて詳細に記したのが本書となる。

あるフランチャイズメンバーが、クロックのところに”あるエリアに新規出店をしたところ、ライバル店がダンピングしてきたので連邦取引規則に反している。先方を告訴しようと思う。”と相談にやってきた。彼に対し、クロックは
「この国を素晴らしい国にしたのは、競争社会だ。政府の力を借りて今回の決着をつけたら、我々はおそらく破産するだろう。だがもっともましな15セントのハンバーガーを、迅速なサービスを、もっと清潔な場所を提供することができないのなら、明日破産して、別のビジネスを最初から立ち上げたほうがましだ」

やり遂げろ−−この世界で継続ほど価値のあるものはない。才能は違う。−−才能があっても失敗している人はたくさんいる。天才も違う。−−恵まれなかった天才はことわざになるほどこの世にいる。教育も違う。−−世界には教育を受けた落伍者があふれている。信念と継続だけが全能である。


もっとも、この本をより魅力的にしているのは、付録のソフトバンク孫正義とユニクロ柳井正の対談、及び、柳井氏による本書のキーワード抽出だろう。この2人は1994年の同月に上場しており、柳井氏はソフトバンクの社外取締役でもある。そして、孫氏は、16歳の頃、藤田田の本を読み感激し、直接秘書にかけあって藤田氏に会いに行ったそうな。その中で藤田氏はこれからはコンピュータを学びなさいと孫氏に伝えたと言う。おそるべき行動力の16歳だと思う。しかも、後年、孫氏はソフトバンクの社外取締役に藤田氏を招きいれているのだ。

スポンサーサイト

  • 2014.02.02 Sunday
  • -
  • 15:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2012/02/11 5:51 PM

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

AMAZON

最近気になる本をチェック!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【旅】旧日本軍に地図から末梢された毒ガス島はウサギの楽園になっていました
    ぷっくんくん
  • 180日でグローバル人材になる方法
    hiro
  • 「権力」を握る人の法則
    職務経歴書
  • 紅葉の井の頭公園とジブリ美術館
    Gelafru
  • 東北支援で見てきたこと〜被災地編
    uk
  • 「日本で2番目に高い山」はなぜ話題にならないのか?
    mik
  • 紅葉の蓼科と日本三大パワースポット”分杭峠”
    うたこ
  • 幸せの新しいものさし
    じろー
  • 幸せの新しいものさし
    Celia
  • 幸せの新しいものさし
    satoyukidesu

recent trackback

recommend

そこまで言うか!
そこまで言うか! (JUGEMレビュー »)
勝間 和代,堀江 貴文,西村 博之
10年度上半期のベスト。この三人が集うことになったストーリーも最高に面白いですが、話されている内容も、ネットや社会の本質をついていてとても考えさせられます。

recommend

経営の未来
経営の未来 (JUGEMレビュー »)
ゲイリー ハメル
08年のベスト。経営がテクノロジーであり、イノベーションを起こしえるということを再確認させてくれるとても興味深い一冊。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM